2007年12月10日

14-1. 農薬(のうやく)

農薬(のうやく)というのは、

そだてたい やさいや くだものなどにつく虫(むし)を ころしたり、

そだてている やさいや くだものの 病気(びょうき)を
ふせいだり、

よけいな草(くさ)をからしたりして、

やさいや くだものを じょうずに そだてるための 薬(くすり)のこと。

むしを ころしたり くさを からすための 毒(どく)なんだ。



もちろん、ひとや どうぶつには なるべくきけんのないように、
薬のききめを よわくして すこしだけ つかわれているよ。

でも よわい毒でも ながいあいだ たくさん つかわれれば、ひとや どうぶつにとっても よくないことは たしかだ。

農薬のせいで 病気(びょうき)になったり、あかちゃんのからだが
変(へん)になってしまったりすることがあるということが、
わかっているよ。

農家(のうか)のこどもが、まちがって 農薬がついてしまった
アイスをたべて しんでしまったこともあるんだ。



ひとが たくさんの やさいや くだものを つくるのは、
てがかかって とても たいへんだ。

農薬をつかえば、すくない人で たくさんの やさいや くだものをやすくつくることができるんだ。

でも いくら やすくても、からだに よくないものを
たべるのは こわいよね。

農家の人だって、農薬をつかって しごとをするのは
からだに よくないし、 こわいんだ。

それから、農薬は 土にしみこんで 土をよごすし(土壌汚染)、
土から 川や海にながれて 海をよごすよ(海水汚染)。

みんなが 農薬のつかわれていない やさいや くだものをかうようにすれば、農薬は つかわれなくなるよ。 

そうすれば、農家の人も 食べる人も あんしんして げんきに 
くらせるし、土や海も きれいに なるんだ。

  muchan.jpg

参考文献
「13歳からの「環境問題」入門」吉田祐夫著 かんき出版

ぽちっおねがいします!人気ブログランキング
banner_04.gifhttp://blog.with2.net/link.php?507266


 
posted by あおい なぎさ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。